テイカは、蓄電デバイス用材料の提案を強化する。新たに開発した添加剤は、金属リチウムの代わりに使うことで、LiC(リチウムイオンキャパシター)に不可欠なプレドープの時間とコストを大きく削減できる。またシリコン系負極の課題である不可逆容量をキャンセルする材料のニーズも探る。量産技術にもめどを付けており、新たな事業の柱に育成する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る