テルモは国内事業のテコ入れを図る。今後、血管内治療領域、脳血管内治療領域などで海外子会社が開発した新製品をいち早く国内導入するパイプライン戦略を推進する。心臓血管、ホスピタル、血液システムの3事業の連携を強化し、全社レベルの営業を展開していく。これらの施策により、国内事業において成長軌道への回帰を目指す。同事業の成長率を2020年度をメドに、現行のほぼ横ばいから5%程度まで再度高めていく方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る