テルモの佐藤慎次郎社長は化学工業日報の取材に対し「積極的に全方位で外部との提携を考えていきたい」と語り、医療機器における国内外の製薬会社との協業拡大をはじめ、ベンチャー企業や大学との連携を重視して再生医療など次世代事業の収益化に取り組む考えを示した。日本発のグローバル企業を目指して事業地域は世界160カ国以上に広がり、海外売上高比率は7割に迫るなか、研究開発費も増やして新たな価値を生み出す。カテーテルなど既存製品の展開とともに、中長期的な戦略分野と位置づける領域への投資を加速。世界の医療現場で存在感をさらに高める。

佐藤慎次郎社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る