【上海=但田洋平】デュポンが中国において、次世代自動車向け事業で仲間づくりを急いでいる。このほど、新興電池メーカーの蜂巣能源科技有限公司(SVOLT・エナジー・テクノロジー)や車載用ガラス大手の福耀ガラス工業、車部品メーカーの神通科技集団などの現地企業と相次ぎ戦略連携に関する協定を結んだ。車の電動化や無人化の進展に不可欠な材料やソリューション開発で協力関係を深める。次世代車の普及の主戦場と目される中国で部材の世界のリーディングポジションを狙う。続きは本紙で

SVOLTエナジーの楊紅新総経理

神通科技の方立鋒総裁

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る