デンカは特殊合成ゴム「デンカER」を千葉工場(千葉県市原市)で増産する。別製品を生産する既存設備を転用し、生産能力は現行の倍近くに高まるもよう。耐熱性に優れるERはガソリン自動車のターボチャージャー用ホース向けの需要が増加している。新工場の稼働は2021年になるとみられるが、「需要の伸びには間に合う」(山本学社長)としている。また、足元で苦戦するクロロプレンゴム(CR)は新製品上市を急ぐなど、エラストマー事業の基盤強化策を推進する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る