デンドリックス(東京都渋谷区)は、がん免疫細胞療法の普及に向けた体制整備を推進する。細胞培養事業を分離して、新たに設立した関連会社のバイオアクセルに移管。京都市の中小機構・京大桂ベンチャープラザに独立型の細胞培養施設を新設する。血液中のリンパ球などを活性化・増殖させる免疫細胞療法は、安全性が高く高い治療効果が得られるため市場が大きく伸びることが予想される。同社は先端技術の取り込みに力を入れるとともに、細胞培養施設の拡充を進めていく方針。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る