トクヤマは、2023年までにジェネリック医薬品向け原薬の新規開発品を投入する。抗精神病薬の原薬など4種類を上市予定。薬価改定が進み、製薬企業から原薬へのコストダウン要請が強いことから、開発品のなかには比較的コストが抑えられる中国やインドでの委託生産を想定して計画を進めているものもある。今後はより事業基盤を強固にするために、保有技術をサプリメント向けに応用することも視野に入れる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る