トクヤマは、衛生材料向けの微多孔質フィルムの競争力を強化するため中国で高柔軟性タイプの生産を始める。原料樹脂の配合の改良などにより柔軟性を高めたもので、同フィルムを貼り合わせた衛材の履き心地を向上する。近く上海、天津のいずれの拠点で生産するかを決定し、早ければ上期中にも生産を始める方針。生産品は日本に持ち帰り、生理用品などとして展開することも検討する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る