トクヤマは、窒化アルミニウムでフィラー市場を深掘りする。粒径の品揃え拡充のために徳山製造所に建設中のフィラー向けパイロットプラントが今年10月に完成予定で、年末から稼働に入る見通し。スマートフォンに代表される情報端末は、大容量データ通信のための電波の高周波化により放熱ニーズが急速に高まっている。同社は高い熱伝導性に加え、業界唯一の還元窒化法による微細かつ球状の形状を生かして高充填できる特徴を武器に拡販を図る。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る