トヨタ車体は、独自の植物繊維強化材料「TABWD」の用途拡大を推進する。新たに材着樹脂を母材とする加飾用グレードを開発。配合する木粉サイズの変更や金型によるシボ加工により、木質調意匠材として自動車内装向けに提案を開始した。また、現在は岐阜プラスチック工業と共同で同材料を採用した高強度・超軽量なハニカムコア材「テクセル」の開発も進めており、積極的な製品開発を通じて非自動車分野を含めた普及拡大を目指す。

シフトレバーの加飾試作品

 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る