感染症薬が指定難病の治療につながる可能性がある-。既存の医薬品を別の疾患治療に使おうとする「ドラッグリポジョショニング」でさまざまな成果が出ている。デジタル技術や解析装置の高度化などを背景に、新規有効性の発見・予測が従来よりもしやすくなってきたことも大きい。また、低分子化合物だけでなく、漢方薬などにも広がりを見せている。続きは本紙で

漢方薬成分化合物とヒトのたんぱく質の結合シミュレーション

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る