NAGASEグループのナガセケムテックスは、透明導電材料「デナトロン」のラインアップを強化する。ナノカーボンを採用することで高い透明性と導電性を持ちながら耐候性を向上させた「デナトロン タイプC」を開発し、2018年度内の市場投入を目指す。用途として、プロテクトフィルムやディスプレイセルなど光学系フィルムへの利用を想定。耐候性がが必要となる分野に対し同材料の提案を進めていく方針だ。

「デナトロン」の塗工フィルム

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る