NAGASEグループのナガセテクノエンジニアリング(NTE)は、真空低温機器の保守・メンテナンス事業を強化する。住友精密工業が2018年9月にサポートを終了する半導体製造などで使用されるクライオポンプについて、このほど同社と関連技術および設備の譲渡契約を締結し、この10月から同ポンプのメンテナンス業務をスタートする。これまで住友重機械工業製クライオポンプの販売およびサポートで培ってきた技術や各種ノウハウを活用することによって同ポンプのサポートを推進。今後真空低温関連分野で提供するサービスの幅を拡大していく方針だ。

 

 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る