アジアのナフサ市況とブレント原油先物価格との値差(クラックスプレッド)が9月中旬以降拡大している。ナフサ市況は東京オープンスペック参考価格が足元1トン当たり530ドル弱。クラックスプレッドは60~70ドルで、9月中旬以前より2~3倍と様子が変わった。サウジ石油関連施設への攻撃が同国産ナフサの供給を減少させているほか、製油所の定修や海上運賃の急騰も影響している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る