ノリタケカンパニーリミテドは、開発品の多孔質セラミックス式マイクロナノバブル発生器を金属加工分野で普及させる。研削液である水溶性クーラント液を貯留している槽の中に同発生器を沈めておけば、マイクロメートル、ナノメートルサイズの微細気泡を生成できる。マイクロナノバブルを発生させた水溶性クーラント液をかけながら砥石を用いて金属加工すれば、作業時間の短縮や砥石の使用寿命延長などにつながる。11月に本格販売を開始。金属加工メーカーの製造設備に簡単に取りつけられるといった利点も訴求し、まずは2020年3月までに1億円の売り上げを目指す。

多孔質セラミックス式マイクロナノバブル発生器

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る