バイエル クロップサイエンスとXAG JAPANが共同販売する量産型農業用無人車「R150」を生産現場から求められる農薬散布作業の効率化・省力化の課題に対し、新たなソリューションになるとして、提案活動を推進している。果樹園での性能評価を通じ、起伏のある畑でも難なく散布を実現し、性能が実証された。日本政府による農林水産物・食品の輸出拡大戦略で果物は重要な品目となっている。安定供給していくためには果実の高品質化、生産性の向上、労働の軽減が欠かせない。よりコストを抑えた生産の実現に向け、同無人車の市場普及を進める。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る