- 足元の事業動向は。

 「今第3四半期の業績は前年比10%以上の増収増益を確保した。ただ利益率の高い半導体向け製品に減速感が出始め、その傾向は足元でさらに強まっている。これは半導体メーカーが需給調整に入ったため皆新規の投資に二の足を踏んでいること、加えて米中関係の悪化が引き金となり最終製品の需要も落ち込んでいるためだと分析している」

 - この間増強した半導体向け製品の能力は余剰になりませんか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る