パイオニアは、カーエレクトロニクス事業の収益構造を改革する。売上高の過半数を占めるOEM(相手先ブランドによる生産)ではパートナーとの合弁会社設立を含め抜本的見直しを検討。コネクテッドカー化を鑑み、スマートフォン連携機能強化で競争力を高める。車載ディスプレイやカーマルチメディア、空間走行センサー「3Dライダー」、高精度地図など自動車の電装化・IoT(モノのインターネット)化・自動運転化といった潮流を先取りする製品・ソリューションを相次いで投入していく。


パイオニアが提案する次世代型カーマルチメディア(コンセプト展示)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る