パイオラックスは、グローバルな経済環境の変化を背景に事業リスクへの対応を強化する。米中貿易摩擦対策として日米中3拠点におけるクランプ部品の生産再配置に着手する一方、欧州では英国拠点でBREXITに備えてオランダに臨時在庫の保管用倉庫を確保するとともに一部生産の委託検討を開始した。また、原材料コストの上昇に対しては高騰著しいPA66の代替などを推進する方針。同社では、積極かつ主体的な取り組みを通じて事業収益性を確保していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る