スマートフォン向けアプリケーションなどの開発を行うパイプシェル(東京都千代田区、山田将章社長)は、北海道大学大学院文学研究科の河原純一郎准教授と組み、鬱や気分障害に陥りやすい人に対して症状を改善するアプリケーションの開発を加速する。年内にプロトタイプを確立し、スマートフォンなどのアプリとして提供するとともに、B2Cを通じて得られるデータをベースに企業とのタイアップを検討している。

2つの表情を一定時間見せ、絵を消した後にマークを表示してクリックしてもらい、その反応速度の差から鬱や気障害の傾向を検知する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る