10月23、24日にJFCCで開催する。文部科学省科学研究費助成事業・新学術領域研究「複合アニオン化合物の創製と新機能」との共催。世界中で広く使われている三次元可視化システムVESTAの開発者である門馬綱一博士と粉末構造解析システムRIETAN-FP・VENUSの開発者である泉富士夫博士を講師として、VESTAを利用した三次元可視化と粉末構造解析に関する講義と実習を催す。
 参加費無料。定員60人、申し込みは先着順。申し込み先はJFCC 担 当(a_taguchi@jfcc.or.jp)まで。(2018/10/1/3)

業界情報の最新記事もっと見る