ファンケルは2019年度下期(同年10月~20年3月)の稼働を目指し、千葉県に化粧品工場を新設する。サプリメント工場と物流センターの開設に向けた準備も進めている。近年はインバウンド(訪日外国人)需要を追い風に国内売上が好調で、20年度目標1260億円の達成も目前に迫ることから、21年度以降の計画を前倒しする。投資総額は65億円以上。消費者の肌に触れ口に含む商品にはとくに安心・安全が求められるため、「日本製」への人気は当面続くとみて安定した供給体制を構築し、需要拡大に備える。

主力商品のマイルドクレンジングオイル。専用工場の新設で生産を効率化する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る