食品かすを発酵させてアルコール(エタノール)を製造するファーメンステーション(東京都墨田区、酒井里奈社長)が知名度を上げている。同社のエタノールを配合したトイレタリー製品を、アサヒグループや象印マホービンがノベルティグッズとして相次ぎ採用。コロナ禍を背景とした除菌ニーズに、アップサイクル原料の流行があいまって好循環が生まれつつある。今後は念願だった自社オリジナル化粧品などの拡販にも本腰を入れる。

続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

ライフイノベーションの最新記事もっと見る