特殊バルブ機器類メーカー、フジキンは排水浄化システム市場に参入する。コンパクト設計で低ランニングが特徴なプリコート排水浄化システムを開発したもので今後、市場展開に入る。工場の排水処理用をはじめ、ステンレス(SUS)製スクリーンの採用により、フィルター交換を不要とした。同社は排水浄化用にターゲットを置きつつ、有害物質除去、オゾン殺菌など多様なアプリケーションで市場展開を進めていく。


SUS製スクリーンの採用によりフィルター交換を不要とした

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る