フジケミ・トレーディング(東京都千代田区、斉藤治郎社長)は国内外で加工拠点を拡充する。今年11月をめどに電線の二次加工などを手掛けるタイ(チョンブリ県)の現地法人を近隣に移転するとともに日本から一部の設備を移設し、新立地で事業拡大を図る。国内ではフィルムの小巻対応を主な業務とする水戸(茨城県)の加工拠点に大型の新鋭設備導入を計画している。両拠点のテコ入れにより、創業からの商社ビジネスと加工業を組み合わせた付加価値の高い開発型の事業展開を強力に推進していく。

新設備を検討する水戸加工センター。内製化を推進し、顧客ニーズに対応

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る