フタムラ化学は国内外でセルロース事業の供給体制を強化する。米国拠点でセルロースフィルム(セロハン)の増産体制を整えるほか、大垣工場(岐阜県大垣市)ではマイクロ波を活用した品質・生産性向上へ向けた生産工程の見直しを含めた再構築を進める。食品包装やテープ向けなどを中心にセロハンの需要は世界的に増大傾向にある。米国の増産についてはすでに第一期工事を終え、第二期にも着手しており、年内にも完了する予定。これにより年間の生産能力を約4500トン引き上げる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る