フドーは、連続繊維タイプの炭素繊維を配合した3Dプリンター成形事業を立ち上げる。成形後にプレス成形することで、形状によっては従来法で成形したCFRP(炭素繊維強化プラスチック)成形品と同等以上の強度物性を実現できるもので、昨年半ばから子会社のフドーテクノで製造したワッシャーの試験販売を開始。購入した顧客から高い評価を受けている。今後、パートナー企業や学校などと連携しながら材料から成形、プレス加工など一連の生産プロセスの効率化を図り、まずは年内に少量生産で対応できる用途への本格提案開始を目指す。


独自の炭素繊維配合フィラメントを用いた3D印刷形成品

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る