フマキラーは成長戦略を強化する。大下一明社長は「商品開発力を強化し、これまで以上に効き目にこだわった商品を出していく」と述べ、2013年から中断していたブレーンズ・パーク計画を再始動し開発棟などを新設、研究開発の強化を進めていく。海外での販売体制を強化するとともに、市場拡大が見込まれるミャンマーに新たな生産拠点を設けることで東南アジア市場の需要取り込みを目指す。


大下社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る