フロイント産業は、医薬品プロセス向け連続生産システムで初号機受注を急ぐ。原料の混合、造粒、乾燥、錠剤形成までを一貫生産できるシステムで、品質データを短時間で取得できる。国内の製薬企業はバッチ式を採用しているが、省スペース性に優れロスが少なくコスト削減などに役立つ連続式を採用する検討を進めている。同社は2018年度中か19年度初めにも初号機受注を目指し、市場での優位性を確保したい意向。

グラニュフォーマーは短時間で原料の混合から錠剤形成、モニタリングまで行うことができる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る