創薬ベンチャーのブライトパスバイオ(東京都千代田区)は、がん免疫療法の開発範囲を広げる。樹状細胞ががん抗原を認識しやすくするための「がんペプチドワクチン」第1号は臨床試験を中止したが、導入などを通じてCAR-T療法や免疫チェックポイント(CP)阻害の分野に進出。昨年末には「TLR9アゴニスト」で大阪大学らと提携した。「免疫サイクルの各分野を手がける稀有なベンチャー」(永井健一社長)として、まず米メルクの「キイトルーダ」とペプチドワクチンとの併用で肺がんを攻める。続きは本紙で

永井社長

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る