【バンコク=岩﨑淳一】ブラジルの衛生材料大手フィテサは、タイのポリプロピレン(PP)スパンボンド不織布メーカー・CNCインターナショナル(CNC)を買収した。CNCの親会社であるチャロン・ポカパン(CP)グループ会社から株式51%を取得した。フィテサは欧州、北中南米などにPPスパンボンド不織布工場を構えグローバルに事業展開するなか、東南アジアで初となる生産拠点を手に入れた。他地域よりも市場成長率の高い東南アジア諸国連合(ASEAN)に進出し、市場プレゼンスを高めていく。

CNCは2工場で年4万トンを生産している

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る