計測制御機器メーカー、ブロンコスト・ジャパン(東京都江東区)は、石油化学プラント向けに高精度でコンパクトなガス用本質安全防爆サーマル・マスフローメーター(熱式質量流量計)の市場展開に本腰を入れる。石化プラントでは現在、高価で堅牢な耐圧防爆メーターが広く使用されている。これに対し、同社はコンパクトで海外での実績が豊富な特徴を訴求して石化プラント、水素プラント、ファインケミカルプラントなどで攻勢をかけ、受注積み上げを狙う。続きは本紙で

マスフローメーター「EXフロー」はコンパクトで作業性に優れる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る