計測制御機器メーカー、ブロンコスト・ジャパン(東京都江東区東陽)は、連続式の医薬品・化学品プラント向け質量流量ポンプシステムの提案活動を本格化する。近年、化学合成プロセスの市場では、従来のバッチ式から、コスト削減に役立つ連続式にシフトする取り組みが世界的に加速している。しかし、流体の計測が難しく、連続式の商用化に際し大きな課題だ。同社は、電子天秤並みの精度で質量流量を監視できる同システムとして本格的な市場展開に乗り出す。続きは本紙で

液体スラリーが流れた状態での計測が可能

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る