プラスチック食品容器の価格改定交渉が佳境を迎えている。メーカーと問屋との交渉はおおむね終わっており、足元では問屋から需要家への説明が行われているもよう。メーカー側では実施時期を6月1日出荷分からとし、月内の早い段階で妥結したい考え。上げ幅が今後の争点となる。打ち出しは各社とも現行価格の10%以上としている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る