プロピレンのアジア市況はじり安となった。海外プラントの稼働状況の影響を受けて、昨年末から足元にかけて1㌧当たり900㌦台半ばを挟んで小幅な上下があったが、供給量の回復にともない需給バランスが緩和してきた。今後はポリプロピレン(PP)を中心とする誘導品の需要は力強さを欠くものの、値崩れにつながるほどでもないようだ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る