プラスチック成形加工のホウケン産業(東京都板橋区)は、植物由来樹脂を25%以上配合したポリスチレン(PS)製カトラリーを開発した。ブラジル・ブラスケムの「グリーンポリエチレン(PE)」をPSに添加したカトラリーは世界初となる。2020年の東京五輪開催に向けた日本発の環境配慮型製品として12月中旬にも上市する。初年度、国内で1000万本の販売を計画している。

独自製法で植物由来樹脂を25%以上配合

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る