ボッシュはIoT(モノのインターネット)を活用したスマート農業ソリューション「Plantect(プランテクト)」の展開を強化する。同ソリューションはビニルハウス内に設置した温度湿度センサー、CO2センサー、日射センサーからのデータをクラウドに上げ、環境データをモニタリングしてスマートフォンなどの端末に通知する。独自のアルゴリズムを駆使したAI(人工知能)が病害予測も行う。2017年8月から出荷を開始し、導入件数は約4000件に達した。今後は海外も視野に販路を広げていく方針。

各センサーと通信機

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る