日本化薬子会社のポラテクノは偏光フィルムを生産する新潟工場(新潟県上越市)のスクラップ・アンド・ビルド(S&B)を検討する。同工場内に新規製造設備を導入し、既存製造設備からの置き換えを計画している。実行すれば総投資額は50億円超になる見込み。同工場は操業から26年が経過し、老朽化が進んでいる。同社としては、新製品ではなく既存製品の生産設備になることから投資採算性を慎重に見極めていく方針。社内に専門プロジェクトチームを発足させており、今年内にも方向性を示していきたい考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る