日本化薬子会社のポラテクノは新規事業の創出に本腰を入れる。全額出資子会社ピクトリープ(新潟県上越市、小間徳夫社長)が、反射型液晶ディスプレイ(LCD)のサンプル提供を開始した。ポラテクノが開発したフルカラーで高コントラストを有する無彩色偏光板を用いており、屋外デジタルサイネージ(電子看板)用途での活用が見込まれている。ポラテクノは反射型LCDの早期事業化を図ることで、光学フィルム事業の成長路線回帰を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る