【シンガポール=中村幸岳】アジア太平洋地域のポリオレフィン市場で、買い手優位が鮮明になっている。米国産の直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)の一部は、仕向け先になるはずだった中国が関税を引き上げたため行き場を失い東南アジアに流入。現地品が売り負ける状況も生じている。ポリプロピレン(PP)も今年、域内で大型生産設備が稼働するため需給緩和が懸念される。ただ域内需要は堅調に伸びており、メーカーは製品の高機能化で、販売を担う商社は輸出条件の見直しなどでそれぞれ対策を講じ、勝ち残りを図っている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る