ポリカーボネート(PC)の国際市況が騰勢を維持している。一般グレードのアジア市況は足元、1トン当たり3800~3900ドルほど。2カ月ほど前に比べ5%強高い。北米などで生じた設備トラブルや中国の新設計画の遅れが影響し、品不足感が続く。原料のビスフェノールA(BPA)も需要が旺盛ななか増設が見込めず、価格が高止まっている。米国と中国との間の関税の応酬にもPCが含まれるなど、新たな強材料も出てきている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る