【米ファーミントンヒルズ(ミシガン州)=小谷賢吾】ポリプラスチックスは北米でポリブチレンテレフタレート(PBT)コンパウンドを増産する。米国コンパウンド拠点に加え、新たにメキシコにも委託先を2拠点確保した。1拠点は今秋から稼働を開始しており、もう一方も2019年初めの稼働を予定する。車載コネクター用途を中心に北米自動車メーカーの開拓が進み、北米での生産量を従来比2割増やす。米国拠点での増産も視野に入る。米中貿易摩擦の影響で中国産PBTのコストが急増しており、中国品を扱う競合メーカーからの代替需要を見込む。

PDF版のご案内

つづきは本紙をご覧ください

エネルギー・素材の最新記事もっと見る