ポリプラスチックスは欧州でポリブチレンテレフタレート(PBT)のコンパウンド生産に乗り出す。すでに委託拠点を確保しており、2019年中の生産開始を目指す。20年以降には欧州テクニカルソリューションセンター(TSC)を立ち上げる予定。現地生産と技術サポートの両体制を整え、欧州自動車市場の本格開拓を狙う。12年にセラニーズと包括的契約を結び、欧米市場への販路が開かれてから7年。北米では現地生産を本格化し、技術サポート体制も整いつつある。残す欧州市場へ「エンプラの雄」がいよいよ進出する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る