- 昨年を振り返って。

 「昨年も引き続き好調だった。すべてのエンプラ、エリアが好調だったがゆえに投資計画が後手に回り、ユーザーを待たせたり、ビジネスチャンスを逸したりしたことが反省点として挙げられる。ただ、直近の市場は陰りがみえ始めた。米中貿易摩擦の影響は心理面でも負担になっており、今年はここ数年通りとはいかないだろう」

 - 2019年の施策は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る