ポリプラスチックスはポリブチレンテレフタレート(PBT)事業で自動車市場に攻勢をかける。自動車メーカーが2023年近傍に市場投入予定の次世代車をターゲットに、ストレスクラッキング特性や耐熱性、長期信頼性などが特徴の各グレードを訴求する。ワイヤーハーネス用コネクターやセンサー関連部品向けとしての採用拡大を狙う。自動車の設計変更や電装化が進むなか、需要家の要求に応じたPBTを組成の最適化や他樹脂とのアロイ化品などを通じて実現していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る