ミルボンは関西大学の山本秀樹教授の協力を得て、化粧品の安全性評価項目の一つである眼刺激性に関する動物代替試験に対して、ハンセン溶解度パラメーター(HSP)法と呼ぶ評価法を用いたコンピューター計算で結果を予測するシステムを構築した。動物代替試験を補完するシステムとして活用でき、迅速で効率的な製品開発に役立つとみる。眼刺激性での確立を足がかりに、今後は皮膚刺激性などの安全性試験を高精度に補完できるコンピューター計算予測システムの研究に取り組む考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

ライフイノベーションの最新記事もっと見る