ミルボンは身体表面に存在している細菌が、外的要因と内的要因に次ぐ、肌の老化を引き起こす第3の要因である可能性を見いだした。加齢とともに生じる毛髪の「うねり」には、エンテロコッカス属の細菌がかかわっていることを発見。今回確立した大型放射光施設「SPring-8」で皮膚内を無染色かつ高精度に観察する技術を用いて、エンテロコッカス属の細菌が肌の老化を促進するようすを捉えることに成功した。今後はこの細菌による老化促進のメカニズムを解明するとともに、有効成分の探索を進める。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る