メルクセローノ日本法人(東京都目黒区)は、がん免疫療法で2重の作用を持つ新薬の開発を始めた。昨秋、親会社の独メルクが創製した免疫チェックポイント阻害剤の抗PD-L1抗体「アベルマブ」(国内製品名・バベンチオ)を製品化したところだが、同剤と別の免疫チェックポイント機能を融合したがん免疫療法剤「M7824」も開発する。複数の免疫チェックポイント阻害剤を併用する治療法は他社も開発しているが、異なる免疫強化機能が1剤に融合された治療薬はない。また、特定の肺がんに対する治療法として先ごろ「先駆け審査指定」を受けたキナーゼ阻害剤「テポチニブ」の開発も加速し、進行中の臨床試験で良好なデータが得られれば製造販売承認申請に進めたい考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る