イワキグループで化学品事業を手掛けるメルテックス(東京都中央区、古橋勝美社長)は、半導体やプリント配線板の配線微細化に寄与する表面処理薬品の生産能力を増強する。このほど埼玉県内の工場でクリーンルームを増設することを決定。現在、2019年の立ち上げを目指して詳細計画を詰めている。既存の半導体製造工程用薬品の需要増に対応するとともに、拡充を進める微細配線用薬品の量産化に備えて体制を整え、増大する需要の取り込みを狙う。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る