【上海=中尾祐輔】ヤマハファインテック(浜松市南区)は、電池検査装置で中国市場を開拓する。音響技術を応用した独自の漏れ検査装置を地場のリチウムイオン2次電池(LiB)メーカーや車載機器メーカー、電気自動車(EV)メーカーなどに拡販する。超音波を用いながらも水が不要で効率的な乾式・非接触の検査装置、電池TAB溶着検査装置、ヒートシール検査器を相次いで投入し、成長著しい中国の電池産業界への訴求を強める。大手を含むローカル電池メーカー数社と商談を進めている。

内部欠陥の見える化ができる電池TAB溶着検査装置

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る